UTAKATADO PUBLISHING | 所幸則新作写真集「うさぎガールと黒縁眼鏡」
24066
single,single-post,postid-24066,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.2.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive
西からの光 Miki tyo Ver.03 oct. 16:41:47

所幸則新作写真集「うさぎガールと黒縁眼鏡」

所幸則さんの新作写真集「うさぎガールと黒縁眼鏡」が出来上がりました。

この写真集は、ONE SECOND SHIBUYA、Einstein RomanceにつづくOne Secondシリーズの新作に位置付けられている作品集で、これまでのモノクロのスタイリッシュな作風から少し趣のことなる作風となっているのが特徴です。硬質でコンセプトや絵作り重視であったこれまでの作品から、親密でありながらどこかノスタルジックな作風へと変化していて、所さんにしては異質な空間が広がっています。家族を前面にとらえ、娘にある未来と自分の時間の足りなさを対比させながら、one secondという基調コンセプトは変わりません。

僕はこの写真集のキーとなるイメージを初めて見たとき、なんだかいい作品になるなと直感しました。コンセプト重視な所さんの作風に、「家族」という新しい要素がくわわり、より人間臭くなった、とでも言いましょうか。

プロジェクトの流れの中で、所さんのパートナーがデザインに加わったのも特徴の一つです。ピンクを基調として、若々しく、みずみずしく、可愛い本に仕上がったと思います。

クラウドファンディングでの資金調達をへて作った本ですので、所さんとしてはできるだけ安価で誰もが手に取ってくれるような可愛い本、という希望があり、出来上がった質感をみてもその価格ではありえない仕上がりだと思います。

子供たちと親、という生きる中で必然的に立ち上がる関係性は、時として難しい問題を突きつけることもあります。所さんとしても、娘との時間には切ない思いもあるわけで、それが少しでも伝わるとうれしい、と話していました。

ぜひ、手にとってご高覧ください。

 

うさぎガールと黒縁眼鏡

Takeki Sugiyama