UTAKATADO PUBLISHING | Was einem Heimat war
22615
single,single-post,postid-22615,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.2.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

Was einem Heimat war

02-059

Was einem Heimat war / Peter Granser  (02-059)

Retail Price(Excluding Tax)
¥7,900
Stock Status : In Stock

Publisher: Peter Granser and Bücher & Hefte Verlag

2012

Signed

 

 

 

 

 

ドイツ南西部にある町”Gruorn”のシュヴェービッシェ・アルプへ、1937年~1939年の間に軍隊が強制撤退した形跡を調査する旅に出た。収録されているイメージの中にある草が生い茂る風景は、実際に100年以上にわたって軍隊の訓練場として使用されていたものだ。密接にドイツ軍の歴史に関連付けられている、波乱に富んだ歴史の風景が収録されている。2005年までに確認する限り、まだこの地帯にはミサイルによりかなり汚染されていたり、不発弾が残っているため非生物圏と指定されている。

ピーター・グランサー。1971年独ハノーファー生まれのオーストリア人。91年に写真と出会い、03年にDFA(ドイツの写真アカデミー)に任命される。02年、写真家にとって権威ある賞のひとつオスカー・バルナック賞を受賞。04年にはPoc Projectというヨーロッパのアーティストグループのメンバーとなる。06年、ドイツ・バーデン ヴュルテンベルク州から俸給を受け取る。

 

出典:Peter Granser http://www.granser.de

Quantity

Takeki Sugiyama