UTAKATADO PUBLISHING | Le Crowber
22580
single,single-post,postid-22580,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.2.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

Le Crowber

02-044

Le Crowber / Tom Hunter  (02-044)

Retail Price(Excluding Tax)
¥5,700
Stock Status : In Stock

Publisher: HERE Press

2013

First Edition

 

 

 

 

トム・ハンター。1965年イングランド南西ドーセットで生まれる。15歳から農場で働きはじめ、その後ドーセットの森林委員会の組員となる。その後ロンドン・ハックニーに移動し、樹木外科術専門家として働く。また、プエルト・リコの米国林野局でも働いていた。その後は英ウェストミンスター・キングスウェイ大学の夜間クラスで写真を学び、第一優等学位を取得し90年に卒業する。97年にはロンドンに拠点をおくロイヤル・カレッジ・オブ・アートで修士を取得する。同年に発表されたシリーズ”Persons Unknown(97年発表)”は、フェルメールが描く当時の中層階級の暮らしの風俗画からジェスチャーや構図を参考として、ハックニーに不法占拠者として暮らす住人らを撮影したものだが、このシリーズが大変高く評価され、注目を浴びる。The Battle of the Beanfield(※)の後、ニューエイジらは海外の色々な地域でフリーフェスティバルを作り上げた。この”LE CROWBAR”は、95年にトムは古い2階建バスに乗って友人とスペインのビーチパーティ、オーストリアのヒッピーの集会などヨーロッパ各地を旅しながら様々な人と出会い、旅の中の鮮やかな映像を記録したシリーズだ。

※ 85年に英ウィルトシャーのストーンヘンジで起きた事件。ストーンヘンジへの立ち入りが限定的になったきっかけのひとつ。ニューエイジらが毎夏開催していた無料フェスティバル、ストーンヘンジ・フリー・フェスティバルに訪れる数が年々増え続け、結果3万人以上にまでふくれあがり警察部隊が出動するまでに騒動が発展した。

 

出典: HERE PRESS http://www.herepress.org

Quantity

Takeki Sugiyama