UTAKATADO PUBLISHING | A contretemps / Photo Book (Standard Version)
21942
single,single-post,postid-21942,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.2.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

A contretemps / Photo Book (Standard Version)

U02-001

A contretemps / Photo Book (Standard Version)  (U02-001)

Retail Price(Excluding Tax)
¥2,857
Stock Status : In Stock

 

Publisher: うたかた堂 / UTAKATADO Publishing

10.Apr.2012

First Edition

 

 

 

 

Gallery TANTO TEMPOの開廊4周年記念写真展、2012年4月14日(土) – 5月27日(日)に開催されたパトリック・タベルナ写真展 “A Contretemps”にあわせてうたかた堂出版第一弾企画として写真集を制作販売した。

Patrick Taberna氏のA contretempsのシリーズは、基本的に旅のプロセスの中で得られたイメージだ。氏は作品作りに、家族と訪れる未知の世界への感動を、家族の姿やその場所にあるものを取り入れ、まるで記憶の中の映像を過去にさかのぼってひもといていくように紡いでいく。作品は柔らかく、どちらかというとぶれていたりピントが合わない写真があったりと、何か郷愁を誘う作品として提示されていく。

子供たちの成長、妻との関わり。そして見知らぬ土地、あるいは見慣れた風景。作品の世界に静かな物語が提示され、見たものをその世界に導くのがPatrickの手法とも言える。A contretemps – 妨げ、とは、子供たちの成長が打ち崩す子供のままでいてほしいというPatrickの思い、と言える。二人の子供の父であるPatrickは、パリにひっそりと暮らす優しく静かな面持ちの写真家だ。作品は、本国でも高い評価を受けている。

 

 

Taberna started this series, “A contretemps” (On the off beat) six years ago. It is a long and slow work about his family, produced mainly during various trip. Family is the common thread in his work, and travel, even nearby excursions, becomes the pretext for creation. Each journey (even the simplest outing) is a stimulus for the imagination. Through travel, he regains a sense of childhood, where everyday is full of discoveries and the mind is fully dedicated to the moment.

“A contretemps” is a work about the sensations of childhood, the impressions that become sustained in memories and the delicate slippage of time in our daily lives. Simplicity is a difficult balance to achieve, but Taberna manages in his photographs to share happiness with a look that is both simple and unique.

Quantity

Takeki Sugiyama