UTAKATADO PUBLISHING | Claire de Rouen Books
131
archive,category,category-claire-de-rouen-books,category-131,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-3.2.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

Vox Populi London

02-038

Publisher: Books Works and The Photographers’ Gallery

2012

 

 

 

 

 

 

フィオナ・タン。1966年インドネシア・プカンバル生まれ。現在はアムステルダム在住。独ハンブルクと蘭アムステルダムでキャリアを積む。
古いフィルムや写真を素材として制作を続ける彼女は2004年にノルウェーで家族写真を借りたことをきっかけに、プロジェクトVox Popiliをスタートさせる。シドニー・東京・スイスを経て最新作はロンドンで制作された。本作品集は集められた90の家族写真(アルバム)の中から彼女がテーマごとに編集した写真を収録。それぞれの家族の記憶の断片である写真を匿名で堤示することによって、”家族”という大きなテーマに取り組んでいる。

 

出典:Fiona Tan http://www.fionatan.nl

PLANTS

02-050

Publisher: Pau Wau Publications

2014

First Edition

Edition 122/500

Signed

 

 

 

 

ポリー・ブラウンはロンドンを拠点に活動している写真家だ。
本シリーズは、世界で最もよく知られている企業のオフィスにある観葉植物を撮影したもの。
20th Century Fox / BBC / Burberry / CNN / Celine / Diesel / Disney / Google / H&M / Hugo Boss / i-D / Vogue / The Times / Play Boy / Paul Smith など71の有名な企業のオフィスに出向いている。

 

出典:Polly Brown http://www.pollybrown.info

Sarah Jones

02-049

Publisher: Violette Editions

2013

First Edition

 

 

 

 

 

サラ・ジョーンズ・1959年 英ロンドン生まれ、現在もロンドン在住。
ロンドンのゴールド・スミス・カレッジにて96年に修士を、81年に学士を優等で卒業した。
テートギャラリーやヴィクトリア&アルバート博物館、サーチギャラリーなどロンドンのギャラリー・博物館だけでなく世界で彼女のシリーズはコレクションされている。
本作品集には、”Consulting Room” / “The Park” / “The Living Room” / “Colony” / “The Rose Gardens” など複数のシリーズと、彼女が行ってきた個展の様子が収録されている。

 

出典:Violette Editions http://www.violetteeditions.com/

Miss Titus Becomes A Regular Army Mac

02-048

Publisher: Self Publishing

2013

First 120

 

 

 

 

 

メリンダ・ギブソン。1985年イギリス生まれ、ロンドン在住。
ロンドンカレッジ・オブ・コミュニケーションで写真を学び、優等な学位を修める。
この作品集は手作り本だ。
まずこの本のページを普通にめくっていくと、どこかの出版社や代理店に宛てた封筒しか見る事ができない。実はこの作品集はほぼ全てのページが「袋とじ」の仕様になっている。
袋の内側には、19世紀から20世紀の間にステージで活躍していた女性たち(ポルノスターやそういったショウ・ビズで活躍していた女性)の姿や、当時の街の風景が収録されている。

 

出典:Melinda Gibson http://melindagibson.blogspot.jp

Skirts

02-047

Publisher: GOST Books

2013

First 500

 

 

 

 

クレア・ストランドは1973年生まれ、ロンドン近郊のサリー出身の写真家だ。ブライトン大学卒。98年には、ロンドンに本部を置くロイヤル・カレッジ・オブ・アートにて写真芸術の修士を取得する。
シュルレアリスム的なイメージを得意とする彼女のイメージ作りのバックグラウンドは、幼少期に育った厳格な暮らし、その中で出会ったノンフィクションの強烈な犯罪雑誌、不吉な自然現象、ポール・ダニエルズのマジック、近所に住んでいた露出狂などからもたらされている。
このシリーズは2011年に発表された。幕の前に置かれたプリーツのきいたテーブルスカートはアメリカのテレビドラマ「ツイン・ピークス」のセットを彷彿とさせる。本作品集の導入には世界的に著名なデザイナー、フィリップ・スタルク(※)がテキストを寄せている。

※ 建築・家具・出版など様々な分野のデザインを手掛けるフランス出身のデザイナー。日本国内では東京都墨田区にある屋上の巨大なオブジェが印象的な「スーパードライホール」をはじめ、各地で氏が手掛けた建築物を見る事ができる。

 

出典:GOST Books http://www.gostbooks.com/

Facsimile 1

02-046

Publisher: bzbooks.org

Mar.2013

First Edition

 

 

 

 

 

 

ブルノ・ジュウは1991年ポルトガル生まれ、現在はオランダのアムステルダムで暮らし、活動している。
2014年、セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(ロンドン芸術大学)の服飾デザイン科を卒業。その後、ファインアートの修士を取得するためオランダのサンドバーグ・ インスティテュートに在学する。2016年に卒業予定。14年度までにパリ・ロンドン・アムステルダムといった大都市で個展を開催している気鋭の若手写真家。本シリーズはTumblerに投稿されたページから青年らのアイデンティティを切り取り、テキストをつけ小説調に再構築したもの。この作品集は、誰が・いつ・何をどこで…といったネットに投稿された膨大な個人の生活の履歴が監視カメラのように細かく記録されあらゆるものにコネクトされていることを私たちに伝えている。

 

出典:Bruno Zhu http://www.brunozhu.com

6

02-045

Publisher: Self Publishing

Mar.2014

First Edition

Edition 1000

 

 

 

 

リナ・シェイニウスは1981年スウェーデンのベーネルスボリ生まれ、同国トロルヘッタンで育つ。16歳から家を離れ、現在はロンドンに在住。彼女はカメラに強い好奇心を持っていたが、彼女の両親はすぐ壊してしまうだろうと考え、成長するまで待たなければならなかった。彼女が写真を撮り始めたのは10歳の誕生日の日、自宅にて。その日はケーキや自分の足、トイレに座る親友など日常の動作を撮影したそう。カメラを持った瞬間から彼女の撮影スタイルは築かれた。

 

出典:Lina Scheynius http://www.linascheynius.com

Le Crowber

02-044

Publisher: HERE Press

2013

First Edition

 

 

 

 

トム・ハンター。1965年イングランド南西ドーセットで生まれる。15歳から農場で働きはじめ、その後ドーセットの森林委員会の組員となる。その後ロンドン・ハックニーに移動し、樹木外科術専門家として働く。また、プエルト・リコの米国林野局でも働いていた。その後は英ウェストミンスター・キングスウェイ大学の夜間クラスで写真を学び、第一優等学位を取得し90年に卒業する。97年にはロンドンに拠点をおくロイヤル・カレッジ・オブ・アートで修士を取得する。同年に発表されたシリーズ”Persons Unknown(97年発表)”は、フェルメールが描く当時の中層階級の暮らしの風俗画からジェスチャーや構図を参考として、ハックニーに不法占拠者として暮らす住人らを撮影したものだが、このシリーズが大変高く評価され、注目を浴びる。The Battle of the Beanfield(※)の後、ニューエイジらは海外の色々な地域でフリーフェスティバルを作り上げた。この”LE CROWBAR”は、95年にトムは古い2階建バスに乗って友人とスペインのビーチパーティ、オーストリアのヒッピーの集会などヨーロッパ各地を旅しながら様々な人と出会い、旅の中の鮮やかな映像を記録したシリーズだ。

※ 85年に英ウィルトシャーのストーンヘンジで起きた事件。ストーンヘンジへの立ち入りが限定的になったきっかけのひとつ。ニューエイジらが毎夏開催していた無料フェスティバル、ストーンヘンジ・フリー・フェスティバルに訪れる数が年々増え続け、結果3万人以上にまでふくれあがり警察部隊が出動するまでに騒動が発展した。

 

出典: HERE PRESS http://www.herepress.org

FROWST

02-043

Publisher: MACK

2014

First Edition

Signed

 

 

 

 

ジョアンナ・ピオトロヴスカはポーランド生まれ、現在はロンドンを拠点に活動をしている。
ポーランドやオーストリアの大学や学校で芸術と写真を学び、11年には英ロンドンに拠点を置くロイヤル・カレッジ・オブ・アートで写真科を専攻し、修士を取得する。

このシリーズは、ドイツの心理療法家バート・ヘリンガーの説「ファミリーコンステレーション」に影響を受け、その構成要素をもとにジョアンナの家族を撮影している。

 

出典:MACK http://www.mackbooks.co.uk/

Hackney Photographs 1985-1987

02-042

Publisher: Dewi Lewis Publishing

2014

First Edition

 

 

テューダー朝に遡る長い歴史をもつロンドン北部に位置する行政区、ハックニー・ロンドン特別地区。
80年代は社会正義の問題や地方政治の混乱などで、地域が衰退に向かっていた時代であった。 

 

出典:Berris Conolly  http://www.berrisconolly.com/

   Dewi Lewis Publishing http://www.dewilewis.com/